Twinkle liittle star

星は君の頭上に輝くよ

カバマンダカグヤ

シーズン3使用 1800程度

夜明け杯 個人4-2

カバマンダカグヤの相性補完に惹かれこの3匹を軸に考えた。この3体で厳しい構築に対してはステロ+スカーフテテフで全抜きを狙うことを意識した。

 

カバルドン@オボンの実

慎重HD252S4

地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし

 

ボーマンダ@メガ石

意地AS252H4

恩返し/龍の舞/火炎放射/身代わり

 

テッカグヤ@食べ残し

図太いHBCベース

エアスラッシュ/宿り木の種/守る/身代わり

 

カプテテフ@拘りスカーフ

臆病CS252

サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

 

カプコケコ@電気Z

臆病CS252

10万ボルト/めざめるパワー氷/身代わり/瞑想

 

ミミッキュ@妖精Z

じゃれつく/剣の舞/影打ち/道連れ

 

カバルドン

初めて使ったがかなり手応えがあり今後も使う予定。

ボーマンダ

受けループがどうしようもないため、さいく氏の「小学生マンダ」を採用したが汎用性に欠け選出がしにくかった。

テッカグヤ

カバルドンとこいつで嵌めることが出来て気持ちよかったが90%はマジで当たらない。

エアスラと宿り木を連打するため安定感がないように感じた。

カプテテフ

最強のスカーフ枠と信じてやまない。スカーフウツロイドやめてください。

カプコケコ

今まで使ったコケコの中で一番強かった。PT単位で重いポリゴン2も身代わり瞑想で対抗できるのがよかった。

ミミッキュ

自慢の道連れミミッキュ。一枚目をZで倒し2枚目を道連れで持って行く6世代のメガゲンガーのような動きが出来ると感じて採用したが思うように刺さらなかった。涙

 

SpecialThanks

カプコケコ 

 

シーズン5は多分やります(N回目)

シーズン2

オフ会楽しんでたら終わってた。

ちなみに結果は4-3

3位抜けをかけた戦いで鬼火を当ててきた眉毛有馬さんまじ許せん!!!!!!!!!

 

 

一緒に居たメンバーの数人が熱出してて私も感染ってないかとても不安である。

ポケモンSMシングルレート シーズン1 最高2083

初めまして、カヌレと申します。

新環境となり張り切っていましたが、目標の2100には到達する事が出来ず非常に悔しいシーズンとなりました。

 

構築紹介

f:id:cannele:20170117001902p:image

 

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

技構成

ブレイククロー/岩石封じ/身代わり/地震

実数値

197(132)-191(228)-121(4)‐*-122(84)-128(60)

 

カプ・テテフ@カプZ

性格:控えめ

技構成

サイコキネシス/自然の怒り/挑発/10万ボルト

実数値

177(252)‐*‐97(12)‐166(4)‐154(148)‐127(92)

 

パルシェン@気合の襷

性格:意地っ張り

技構成

つららばり/ロックブラスト/殻を破る/氷の礫

実数値

126(4)-160(244)-201(4)-*-65(4)-122(252)

 

ガブリアス@拘りスカーフ

性格:陽気

技構成

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

実数値

183‐182(252)‐115‐*‐106(4)‐169(252)

 

カプ・コケコ@電気Z

性格:意地っ張り

技構成

ワイルドボルト/自然の怒り/挑発/蜻蛉返り

実数値

145-183(252)-105-*-97(12)-181(244)

 

テッカグヤ@ゴツゴツメット

性格:図太い

技構成

ラスターカノン/宿り木の種/ギガドレイン/火炎放射

実数値

201(228)-*-170(252)-130(20)-122(4)-82(4)

 

個別紹介

ガルーラ

弱体化されたとはいえ、やはりトップクラスのメガシンカ枠。

技構成について

物理受けを強引に突破できるブレイククロー、舞ったり破ったりしてくる相手に刺さる岩石封じ、鋼(主にジバコイルギルガルド)に対する打点として地震ポリゴン2やテッカグヤ対面で補助技を透かす身代わりとなった。テッカグヤに身代わりをしたところでそこまでアドバンテージを取れる訳でもないので身代わりの枠は岩雪崩でも良かったかもしれない。

努力値配分について

身代わりを採用してるのでHPは16n+1、DはC147のカプ・コケコの10万Z確定耐えまで振り、Sはガルーラミラー意識で少し多めに振ってみた。残りはBに4、Aに228という形になった。

 

カプ・テテフ

サイキネ/自然の怒り/10万ボルトは確定で@1は耐久ポケモンパルシェンに刺さる挑発となった。

HDに振ることでPT単位で重たいゲンガー、ルカリオに少しでも対応出来る様にした。

C222メガゲンガーのヘド爆耐え、C192メガルカリオのラスターカノン耐え。

メガネにしていた時期もあったがやはり後出しされる鋼を削ることができるカプZに落ち着いた。

 

パルシェン

鋼を処理した後の制圧力は魅力的だった。...が終盤は鋼が2体入っていたりガルーラがA2⇧氷柱を耐えてきたりとかなりメタられていて動きにくかった。

 

ガブリアス

最後の最後まで型が固定出来なかった。パルシェンに襷を取られているためシーズン中盤にはHD弱点保険なんかを使っていたりした。悩んだ挙句破ったパルシェンを上から叩ける陽気スカーフになった。

 

カプ・コケコ

ガルテテフパルミラー意識の自慢の地雷ポケモン。Zワイルドボルトでガルーラもテテフもワンパンである。Sは最速メガルカリオ抜きまでに抑えた。こいつのおかげでミラー対決は負けた記憶がない。

 

テッカグヤ

技範囲を広さにより数々の物理ポケモンを見ることが出来る。本当はめざ氷にしたかったが厳選する時間がなく妥協した。ガルパルで面倒なメガギャラやメガハッサムに強くとても相性が良かった。

 

総括

強者のフォロワーから「ガルテテフパル」の並びが強いと聞き、電気を透かせるガブリアス、もはやPTに必須レベルのテッカグヤ、とりあえずコケコ入れようってなりこの並びが完成した。しかし、中身は違えど並びが同じ人の多数が2100に乗せている中、僕だけが2100に乗せることが出来なかった。自分の弱さを改めて分からされた。ポケモンをやっててこんなに悔しいシーズンは今までなかったのでこの悔しさをバネにして来シーズンは巻き返したい。

マッチングした方、対戦ありがとうございました!

 

TNカヌレ     最高レート2068 最終レート2005

TNAeropteryx 最高レート2083 最終レート2006

 f:id:cannele:20170117020820j:image

 

 SpecialThanks

テッカグヤ‪・・・@omegaaaapokomon ‬

 

 

 

Twitter @cannele_lie